食って寝てニコ動
ニコニコで色んなことをやってみたいブログ。ゲーム実況、弾いてみた、パチスロ実機配信を上げてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パチスロの楽しみ方とは
とてもお久しぶりです。
何か突発的に書いては放置を繰り返してますが、久しぶりに突発的に書きたくなったので失礼します。
ここ最近、自分のパチスロに対する楽しみ方というのが大きく変化したように感じていまして、「パチスロ」が何なのかというテーマに考えを巡らせています。
おそらく何のためにパチスロを打っているのかという理由で多いものは

①お金を増やしたい
②出目や演出などを堪能したい

9割がたこの2つに収まると思います。
しかし、今自分が1番楽しみを感じる部分はそこではありません。

③高設定を探す楽しさ

一見①と同じに見えるかもしれません。
しかし、これは似て非なるもので、同じ設定狙いで立ち回っている人と話してても感覚の違いは感じます。
スロプと呼ばれる人たちをはじめ、しっかり立ちまわっている人は①の手段として高設定を求めています。
一方、自分の場合は収支は結果論・立ち回りに対する評価であって、お金を増やすことが目的ではないのです。
要はホールの中に眠っている高設定というお宝を探す楽しさと言いましょうか。
パズル的な、理詰めゲーム的な感じです。
過去の傾向やイベント規制の中でホールが苦し紛れに発するメッセージから予想を立て、実際に触って解析値、自分の経験をフルに活用して看破し、その日のホール状況から修正・推理して正解を探していく…そして最終的に正解台にたどり着いた時の達成感。
このためには投資は厭いません。
極論を言えば、10万投資してでも最終的に正解と思える台で閉店を迎えられれば本望。
「勝つため」との違いはわかっていただけたでしょうかw
これが今の自分の楽しみ方です。
もちろん設定を追っているので、店と台選びさえ間違えていなければ収支はついて来やすいですし、収支がプラスになるということはそれだけ早く正解に辿りつけた可能性が高いという結果の目安になりますし、生活するためにお金は必要なので当然勝てたほうが嬉しいですよw
低設定で誤爆して低設定だわクソ!!とか思ったりもしませんし、そこはやはりいい気分で帰れますし。
逆に高設定で爆死したときに凹むかと言われれば、もちろんちゃんと出てくれた方が気分よく帰れますけど、しっかり正解に辿りつけたという実感さえあればそれはそれで気分よく帰れます。
ここが勝つために打ってる人との違いかな・・・と。

先日1のつく日はバラエティに1台のバイオ5に鉄板で56が入るお店(もちろん抽選1番引かなきゃ座れない)で、1番を引いてバイオ5の挙動的にも間違いなく5と言える台を打って7万負けたことがありました。
もどかしさも感じましたが、1日で何度も天国まで上がったりしてさすがの挙動を感じて「5で7万負けました」というネタもできたし、確率の気まぐれの最たる部分を体感し、いい経験ができてよかったと思っています。


と、まあ今の自分のパチスロへの立ち向かい方について長々と書いてきましたが、もちろんこれは1つの楽しみ方であって、どれが正解というわけではありません。
「楽しい」と思えていればそれがその人の正解だと思います。
到底「楽しい」と思えていなそうに文句ばっか言ってる人にもの申したいこともありますが、それはまた別の機会にw
スポンサーサイト
パチスロ実機配信
昨日ミリオンゴッド神々の凱旋動画をUPさせていただきました。


ここのところひとり実機配信対決を上げさせていただいてましたので、機種単体での新企画は久しぶりになりますでしょうか。
実際のところ、10000G回すぞ!って撮り始めたわけではなく、見せ場集的なものを作ってみようかと思って撮り始めたものがあまりにぶっ飛んだ挙動だったので、10000G回して全挙動を動画にしてやろうとw
ですので、長期企画ではなく、数本で終われる位置づけで、本腰を入れた企画動画というわけではありません。

などとは言っても本腰を入れた企画動画を何本も放置したまま新しい機種の動画を上げ始めたという事実。
この動画でいただいた

「ぶっちゃけ目標達成しなくなってから誰こいつレベル」

このコメント、刺さりました。
これはただ単にアンチとか煽りとかとは違うものを感じました。
というか、実際私の過去の動画を楽しみに見てくださっていたことが伝わります。
楽しみにしていた動画を目標達成せず完結させずに次々手を広げていかれると真剣に見ていれば見ているほどアホらしくなっちゃうものだと思います。
このコメントをいただき、今の自分の動画への向き合い方は本当にこれでいいのだろうかと考えを巡らせました。
初心、パチスロ実機配信を始めた頃の自分の気持ちはどうだったのかなーと思い返してみました。

私がニコニコ動画にパチスロ実機配信を初めて投稿したのは「夢幻の如く」です。
それまで、いや、今でも熱心なパチスロ実機配信視聴者ですが、当時ハードボイルドグリフォンの幻影や鬼武者3をUPしていた海苔武者(double face)さんのその台の面白さを存分に伝える動画に憧れ、まかり間違ってオークションで落とせてしまった夢幻の如くの面白さをたくさんの人に知ってもらいたい一心で動画を作ってみました。
これが思いの外好評で、たくさんの人に「面白い」と言っていただき、動画を上げることの面白さにぞっこんになりました。

そして次に上げたのが銀河英雄伝説のマイルエナです。
これはホールで打っていたときに、「エナ」が有効なものなのか検証してみる動画は需要があるのではないか、自分自身検証してみたいとの思いで開始しました。

この頃、同じくホールで役立つ検証という意味でエヴァまごの設定看破動画も上げていました。

そして、時を経るごとに動画を上げ始める理由、台を買う理由は変遷していきます。

ギラ爺はどう考えても面白い台なのにそれを味わうにはお金がいりすぎて怖くて打てないから家に買いましたw
結構新しめで買ったので当時動画を上げている人もおらず、せっかく買ったしみんなと楽しみたいとの思いで動画を開始したと思います。

サクラ3は撤去されて近隣で打てなくなったので、当時マイスロ厨だった私は当分値下がりすることもないだろうと踏んで思い切って買いました。
マイスロコンプする過程を楽しんでいただきたいと思い動画を開始しました。

そして、ギラ爺、サクラ3と非常に多くの方に見ていただき、再生数・コメント数・マイリスト数がニコニコのパチスロ実機配信のトップクラスを記録してくれました。
そこを更新してみたい!そう思って買ったのがシンデレラブレイドです。
ホールで触ったことのない台(導入前の台)を買うという立派な新台厨です。
ただ、記録を更新するほどの再生数ではありませんでした。
ここで、こういう台の買い方は何か違うなと思ったのと同時に、以降再生数などを気にすることはなくなりました。

その後はホールで触って面白い!と思った台を解説しながら回す形式に落ち着きました。
しかし、打ち手の感情を出しすぎる(主に手で)形式は好評と同時に批判もあり、荒れる原因になっていて、八方美人と言いますか、ひよったと言いますか、だんだん感情を出さずに淡々と解析を乗せて挙動を見ていただく作業的な動画になっていたように思います。
凱旋の動画を改めて見て、これは打ち手が楽しんでるように見えないと思ってしまいました。
(ちなみにひとり実機配信対決は、どちらかに肩入れしているように見せないためにあえて無機質に進めています)

かなり脱線してしまいましたが、上げ始めた頃を思い、ほんとつまんなくなってしまったなぁ・・・と思ってしまったわけです。
目標を達成してこなかったこともあるでしょうが、編集の無機質化によって去って行かれた方もたくさんいるんだろうな・・・と思うと、申し訳なさも感じてしまいます。

そういった気持ちを思い出したい、うちに台はあるのでまだ目標を達成できなかったことが確定したわけではない!というわけで、未達成の動画を再開していきたいと思います。
ただ、ひとり実機配信対決が終わってからです。
今はこれをやり遂げることが一番の目標ですので。

夢幻の如く
銀英伝マイルエナ
ギラ爺
サクラ3
赤ドン雅
シンデレラブレイド
リバティベルV
魂斗羅3D

どんだけ放置してるんや・・・

あと、今回厳しいコメントもたくさんいただいていますが、投稿者は基本的にコメントは気にする必要はないと思います。
これが、お金をもらっているなら別でしょう。
直接はもらっていなくても、それを生業にしているなら別でしょう。
しかし、我々は完全に趣味で上げています。
そこには「自分がやりたいこと」を貫いて文句を言われる筋合いはありません。

ただ、ただですよ、私は動画を上げていくうえで何も報酬を得てないかと考えたとき、それは「ノー」だと思います。
動画を上げて私が得たもの。
「なんこつ」というネームバリュー。
これに尽きると思うのです。
私は自分勝手で人に好かれる性格ではありませんし、かと言って面白い話ができる人間でもありません。
そんな私が今たくさんの人と遊びに行ったり、しょうもないツイートにもたくさん返信をいただけたりします。
それは私が「なんこつ」だからに他なりません。
なんこつであることによって得ることができたこのたくさんの繋がりは本当に本当にお金なんかよりも大きな報酬だと思います。
それを大切にするために、その報酬を得るためには、やはりコメントにはぶれない程度に耳を傾ける必要があったのではないかと思います。

本当に自分は話脱線しすぎて何言いたいのかわからなくなるなーと思いながら、言いたいことを書きなぐって終わりますw
多分最初はこんなこと書くつもりじゃなかったw
こんな私でよければ今後とも動画ともどもよろしくお願いします。
パチスロとは
機械である。

いや、何を当たり前のことをいきなり・・・なんて思われてそうですが、私は声を大にして言いたい。

パチスロは機械であると。
そして、我々はレバーを叩くことしかできないと。

まあ、何が言いたいかというと、私はオカルトを真顔でいう人は好きではない。
私の言うオカルトは、結構普通に使っている人が多い言葉も含んでいる。
私自身も冗談としてはよく使う言葉だ。

「波」
これは痛さレベルマックスで、誰もがオカルトとわかる。

「相性」
人と人の関係ならとても大事な言葉ですが、相手は機械である。
しかし、普通に会話する上ではとても使い勝手のいい言葉でそれほど抵抗は感じない。

「ヒキ」
これも使い勝手がよく、使っている人はいないんじゃないかというレベルに浸透している。
しかし、私はこの「ヒキ」という言葉には抵抗を感じざるを得ない。
もちろん、冗談ではよく使う。
便利だから。

でも、これ真顔でいう人も相当多い。
ここでもう一度言う。
「パチスロは機械である」と。
そして「我々はレバーを叩くことしかできない」と。

勘のいい方ならここで気づいていただけたのではないかと思うが、筐体の外から決められたレバーを叩くことしかできないのに基板の抽選に影響を与えることができるのは・・・それはもう超能力の領域。
もちろん、超能力の存在を頭ごなしに否定するのはナンセンスだとは思う。
ただ、ここでは「現在の物理では説明できないことはありえない」という前提で話をさせていただきたい。


パチスロで勝つ方法は??

「引く」こと。

と真顔で答えられたら、それは私がヒく。
いや、本当に「ヒキ」があるなら謝りますが、ヒキで勝てると思っている人たちに1つアドバイスを。

「引く」ことを考えるより、「ヒキ」という名の超能力の存在を証明して論文にしたら一生食うのに困らないお金が手に入るのではないでしょうか。
皮肉が9割混ざってますが、本当にあるなら絶対その方が楽にお金稼げますよ。


じゃあパチスロはどうすれば勝てるのか?

相手を機械として認識し、確率・期待値に忠実にこちらが立ちまわること。

相手が機械ならこちらも機械になることが理想。
こちらの「残金」「今月の収支」「今日の勝ち負け」といった状況や、「つまらない」「もうちょっと打ちたい」という感情は台の中の抽選に何か影響を与えてくれるのでしょうか。

いえ、相手は冷酷なマッシーンです。
こちらがいくら負けていようがどんなに不満を感じていようが、誰が打っていようが同じ確率でしか抽選されないマッシーンです。
数字以外の感情を挟んで見れば見るほど期待値を落として損をするようにできているのです。


などと、かなりぶっ飛んだ内容をいきなり書かせていただきましたが、常々思っているパチスロ感を書き殴る場が欲しいな、と思ってしまいましてこの場を使わせていただきました。
まだまだ言いたいことはありますが、長くなりそうなのでこのへんで。
気が向いたらもっと具体的な立ち回りに関しても書いていきたいです。

「パチスロは勝てるから面白いんだよ。」

これはとっぱちさんの言葉であり私のパチスロを打つうえでの座右の銘でもあります。
ではでは。
インターネットブラックヒストリー
お久しぶりです。
もうほとんど見てる人もいないと思いますので、今日は自分のインターネットでの黒歴史を書いていきたいと思います。
誰しも若かりし頃は消し去りたい行動やってますよね。
ことインターネットに関しては始めたばかりの頃、色々荒ぶったりしたのは僕だけではないはずです。
そんな話。

自分とインターネットの出会いは高校1年の頃ですかね。
友達がPCでメールしたりしてるの聞いて僕もやってみたいと思ってPC買ったのが始まりです。
ソニーのバイオでしたかね。
当時モーヲタだったので、モーニング娘。関連のサイトに出入りするようになり、HNはほんと思いつきで・・・大好きな曲のひとつ「乙女パスタに感動」からパスタ、ダンス☆マンからマンをいただいて「パスタマン」なんて名乗ってました^^;
既に恥ずかしいです。
たぶん僕Mです。

そんなパスタマンは競馬を見るようになります。
友達に借りた実況G1ステイブル64がきっかけです。
そして、競馬の予想大会サイトというものを見つけてそこに参加するうちに競馬にハマっていきました。
自分でも予想大会をメインにした競馬のサイトを立ち上げたりしました。
ネットゲーム「うまいる」にもハマりました。
うまいるでは自分の馬の自慢ばっかして某大型匿名掲示板でDQN認定されたりしました^^

競馬関係で初めてOFF会なんてものにも参加して、そこで出会った方とは今も完全には切れていなかったり、人との出会いってきっかけはほんと些細で、でもそれがずーっと続いたりして・・・なんかいいですよねw

そんなパスタマンはうまいるでの自分の行動の恥ずかしさに気づいて名前を変えることにします。
当時競馬好きが高じて乗馬クラブに通ったりしてまして・・・初めて跨った馬の名前「ホタルネオン」から「ほたるねおん」と名乗り始めます。
ほたるねおんはフリーター時代に給料がいいからという理由でパチンコ屋でバイトを始めてパチスロにハマり始めます。
その頃始めたサミタのHNは今も「ほたるねおん」です。
そしてスカイプのIDもhotaru-neonだったりします。
こちらは今でも少し名残は残っています。

ただ、残念なのはほたるねおんとして知り合った人々、サミタのチームの皆さんとはスカチャですごく盛り上がったりもしましたが会うことはないまま今はみんな疎遠です。
みんなどうしてんのかなー・・・

そんなほたるねおんはスロプになり、競馬からはほぼ完全に遠ざかり、友達との連絡もほとんど取らなくなり、パチスロ特化、インターネット引きこもりの生活を始めます。
打つ台ない日は帰ってネット。
そのときにニコ動に出会い、当時UPされていたらき☆すたを何気なく見始めたことによりアニメにも興味を持つようになりました。
そして2ちゃんねるもよく見てました。
ほたるねおんは何気なく見ていた機種板で「戦国無双全ツスレ」なるものが目に止まり、一度やってみたい!と思い参加することにします。
しかし、「ほたるねおん」なんて綺麗なHNは2ちゃんで使っても痛いので・・・前日食べた軟骨の唐揚げがおいしかったので「なんこつ」と名乗って参加することにしました。

なんこつの描く富士山(必ず下る)は美しい、北斎の二つ名をいただいたりして・・・今はそんな名乗り方することはありませんがフルネームは「なんこつ北斎」なのかなー^^;
戦国全ツでは、実況中に近くに住んでる方が特定して声かけてきてくれて、そこから並び打ち全ツとかするようになって・・・すごく楽しかったです。
他の全ツ戦士の方々とはお会いしたことはないですけど、馴れ合いスレなんかも作って・・・お会いしたかったなぁ。
みんな何やってんだろ。

そんなこんなで「なんこつ」の名前の方が響きも気に入って、全ツスレ以外でも使うようになり今に至ります。

ただそれだけ、つまらないお話すみませんでした。
ちょーっと
一部記事を非公開にさせていただきました。
本来一度書いた文章を撤回することはしたくないのですが、迷惑をかける人がいると思うので今回は非公開にいたしました。

そして、動画の方の近況報告を久しぶりに。

夢幻→台鍵行方不明;;
マイルエナ→台鍵行方不明;;
シープリ→近々UPします。
サクラ3→シンデレラブレイド終わったら
シンデレラブレイド→シープリ終わったら
リバティベルV→近々UPします。

こんな感じで、近日本格的に復帰する予定です。
今更需要あるのかわからない台も多いですがよろしくお願いします。
copyright © 2017 食って寝てニコ動 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。